SMOOTH-GESTURES「先頭へ移動」「末尾へ移動」の復活方法

相変わらずChromeのマウスジェスチャーをSMOOTH-GESTURESにしています。

ただ、ずいぶん前にChromeの仕様が変わったせいで[先頭へ移動] [末尾へ移動]が動かなくなっておりました。

そこまで不便ではなかったので放置していたのですが、何となく復活させてみたので方法を紹介します。

しかし、未だに使っている人はいるのだろうか・・・?笑

 

前回の記事も参考にして頂きながら、smooth-gestures-0.15.4.crxを解凍します。

smooth-gestures

解凍したフォルダの中のJSフォルダに[background.js]があるので開きます。

smooth-gestures-0.15.4/js/

jsファイルを開く場合はTeraPadsakura editorを使用してください。

私は長年 sakura editor を愛用しています。

置換画面で、[document.body] を [document.scrollingElement] に書き換えます。

保存して、Chromeの拡張画面で『パッケージ化されていない拡張機能を読み込む』を選択し、解凍したフォルダを選択してください。

Chromeをいったんすべて閉じて、起動しなおすと[先頭へ移動] [末尾へ移動]が復活しているはずです。

これでまた快適なネットサーフィン環境が戻ってきますね!

Custom Field Suite で 選択肢 を全て取得する方法

WordPressのプラグインで Custom Field Suite や Advanced Custom Fields は良く使うと思います。

理由は特になく、当方は Custom Field Suite (以下CFS) をメインに使っておりますが、先日このCFSを使った投稿で、抽出システムを作る必要があったので調べていたら【選択肢】いわゆるSELECTを使った投稿を抽出する際、CFSで設定した選択肢をすべて取得する物がありませんでした。

少し調べた感じだと Advanced Custom Fields ではそういったニーズにも対応しているようでしたが、今さら入れ替えるのも面倒臭かったので適当に作ってみました。

実現するには以下の条件が必要です。
・選択肢のKEYになる部分にユニークなPREFIX + 数字1文字以上

CFSの設定画面

KEY:VALUE という構成になってます。

functions.phpに下記コードを追加

function cfs_select_get_field($prefix) {
	global $wpdb;
	$result = $wpdb->get_var("select meta_value from wp_postmeta where meta_key='cfs_fields';");
	preg_match_all("/\"(".$prefix.".+?)\";s:\d{1,}:\"(.+?)\"/", $result, $match);
	return $match;
}

※説明:CFSの設定情報はすべて wp_postmeta の meta_key=cfs_fieldsにシリアライズしたものが格納されているので、それを引き出し正規表現で必要なKEYとVALUEをマッチさせてます。

呼び出し側 cfs_select_get_field(PREFIX)

$res = cfs_select_get_field('p_');
foreach ($res[0] as $key => $val) {
	echo '<dd><input type="checkbox" value="'.$res[1][$key].'" id="'.$res[1][$key].'"><label for="'.$res[1][$key].'">'.$res[2][$key].'</label></dd>'."\r\n";
}

※説明:正規表現でマッチしたものをループで処理してます。配列は [0]全文 [1]KEY [2]VALUE で格納されています。

とりあえず綺麗なコードではないですが、シンプルに構成してみました。
余計なループ処理も抑えて書いています。
これでCFSで選択肢を増やしても連動して抽出フォームに項目が追加されます。